福岡の賃貸って東京と比べると鬼安。
福岡の賃貸って東京と比べると鬼安。

福岡市中央区赤坂。そこはまるで東京の表参道みたい

福岡の賃貸って鬼安 | 07月06日更新

東京から福岡に転勤してきた当時、賃貸物件探しで真っ先に目に飛び込んできたのが「赤坂」という地名でした。
東京にも赤坂という人気のエリアがあり、そこは官公庁や高級マンション、商業施設がゆったりと建ち並ぶ一等地でした。
では、福岡市中央区の「赤坂」はどんなエリアなのかをネットで検索すると、とても素敵な街のイメージが湧きあがってきました。

東京の赤坂のシンボリックな施設が赤坂離宮ですが、福岡の赤坂には福岡城跡を中心とした舞鶴公園が広がっていました。
大きな通りは明治通りや大正通り、昭和通りと名前が付けられていて、けやき通りの通称で知られる国道202号線もキレイです。
図書館や区役所、体育館などの施設が徒歩圏内にあり、福岡最大の繁華街・天神やトレンド発信地である大名エリアとも近く、オシャレなレストランなども多数軒を並べています。

実際に福岡市地下鉄空港線で赤坂駅に降り立つと、東京の赤坂、というより、表参道や青山を思い浮かべたのは私だけでしょうか。
そこにはけやき通りの存在が大きかったのかもしれません。
福岡の赤坂は色々な表情をもった街です。
パブリックな表情があるかと思うと、道路を一筋入ると昔ながらの商店街や住宅地が広がっていて、散策するのに最適な自然も残されています。
プライベートな時間を楽しめるのも赤坂の魅力でしょう。

気になる賃貸物件ですが、家賃相場は福岡市の中では高目であることは覚悟してください。
赤坂は単身者に人気と言うこともあり、ワンルームや1Kの物件は多数揃っています。
赤坂駅界隈の家賃相場はワンルームが5.57万円、1Kが5.39万円、1LDKが8.35万円で、東区や城南区の家賃を見慣れた目からすると高い!と感じてしまいますが、この環境からすると適正なのかもしれません。

では、これ以上の広い間取りはどうかというと、2LDKが13.73万円ですが、3LDKだと12.34万円という逆転現象が起きています。
この理由を探ってみると、2LDKの物件数は3LDKの倍以上のボリュームがあり、駅近の好立地が多いこと。
中には3LDKより広い面積の2LDKがあったりして、圧倒的に2LDKの人気が高いのです。

「赤坂は気に入ったけど、自分には手が出ない」と諦める必要はありません。
ネットを詳しく検索したり、地元の不動産屋さんを回ったりすると、建物はレトロだけどリノベーションが完璧に施されていて、しかも家賃は予算内という物件も見つかります。
ガンバってください!

top