福岡の賃貸って東京と比べると鬼安。
福岡の賃貸って東京と比べると鬼安。

人気急上昇の春日市。子育て環境は抜群!

福岡の賃貸って鬼安 | 07月06日更新

先日、先輩が住んでいる大野城市を訪れた時、JR鹿児島本線の大野城駅で待ち合わせをしました。
その折、「線路を挟んでこちらが大野城市、こちらが春日市だよ」と言われて、そんなことがあるんだと可笑しくなりました。
そのせいか、春日市もちょっと気になって調べてみました。

福岡市の中心部から春日市までの距離は10?ほどで、ほどよい距離感と自然環境の良さ、家賃の安さなどで人気が急上昇中とのこと。
福岡県内でもっとも小さな市だそうですが、人口は増え続け、現在では10万人を超えているとか。
面積に対する人間の数で表す人口密度は、福岡市を追い抜いて福岡県でトップとなっています。

どうしてこれほどの注目を集めるのかというと、福岡市自体が毎年、流入人口が増え続けており、その数は年間1万人にも上るとか。
福岡の中心部はキャパが目いっぱいになりつつあり、その受け皿としてのベッドタウンづくりが急務でした。
そこで着目されたのが大野城市や春日市なのですが、人々から選ばれているのはそれだけ魅力にあふれたエリアだからでしょう。

春日市の場合、大きなファクトは交通の便です。
鉄道網としては大野城市と同じようにJR鹿児島本線と西鉄天神牟田線が走っていますが、春日市に限ってはもう一本、新幹線の車庫への回送列車を利用したJR博多南線が走っていることも人気の秘密といえるでしょう。
JR博多南線の「博多南駅」から博多まで9分ほどで到着し、通勤・通学定期で新幹線車両を活用できるのもうれしい点です。

さらに人々から選ばれる秘密は、子育て世代がのびのびと暮らしやすい条件が整っていることです。
その一つが賃貸物件の種類と家賃相場だといわれています。
ファミリー層向けの2DK〜3LDKの物件が豊富に揃っています。
沿線ごとに家賃相場を見てみると、JR鹿児島本線「春日駅」周辺では2DK5.04万円、2LDK6.53万円、3LDK8.60万円となっており、西鉄大牟田線「春日原駅」周辺では2DK5.23万円、2LDK6.63万円、3LDK7.63万円という平均値が出ています。
さらに、JR博多南線「博多南駅」周辺の家賃相場については、2DK5.25万円、2LDK5.69万円、3LDK6.67万円となっています。
同じ春日市でも住むエリアによって微妙な金額の開きがありますから、よく見極めて決めるのが賢い方法と言えます。

top