福岡の賃貸って東京と比べると鬼安。
福岡の賃貸って東京と比べると鬼安。

九州大学のキャンパス移転。単身者の住むべき場所は?

福岡の賃貸って鬼安 | 07月06日更新

福岡市の学究のシンボルといえば九州大学です。
福岡に転勤して賃貸物件をいろいろと見て回りましたが、市内のあちこちに九大キャンパスがあり、その規模の大きさを知ることができました。
学部生の総数は約11800名というのも頷けます。
ところが地元の人から話を聞くと、現在、九大はキャンパス移転の真っ最中だというのです。
移転先は福岡市西区の伊都地区だそうで、最寄駅はJR筑肥線の「九大学研都市駅」となります。

それまで九大キャンパスは、箱崎・馬出・大橋・筑紫・六本松などに分散してありましたが、2019年度を目途にほとんどの学部生が伊都キャンパスで1・2年次の授業を受けることになります。
すでに箱崎、六本松のキャンパスは移転を完了し、跡地利用の計画が進んでいます。
しかし、東区にある医学部や、芸術工学部などのある大橋(南区)、理工系大学院などのある筑紫(春日市)のキャンパスは今まで通り、現在地に残ることになっています。

九大キャンパスがある沿線は賑やかで、単身者向けの賃貸物件が豊富でしたが、これから伊都キャンパスに一極集中していくと、学生さんたちもどこで部屋を借りるか、頭を悩ませることになります。
これまではショッピングや遊ぶ場所の多い博多が学生さんに人気だったようですが、博多から伊都キャンパスに通うとなると、直行の西鉄バスを利用するか、地下鉄空港線で姪浜駅まで行き、JR筑肥線に乗り換えて九大学研都市駅まで通うことになります。
電車だと約30分の通学時間ですが、バスだとそれ以上になります。

博多には単身者向けの手ごろな賃貸物件もありますが、思い切って伊都キャンパス近くに部屋を借りるのも賢明かもしれません。
ちなみに、九大学研都市駅周辺の家賃相場は、ワンルームで4.61万円、1Kで4.45万円となっており、ネットの賃貸検索数では1Kの方がワンルームより3倍ほど多い感じです。
新婚夫婦に最適の1LDKは5.84万円で、次いで2DKが4.99万円、3LDKが急に跳ね上がって10.38万円となっています。
1LDKと3LDKの検索数はほぼ同数で、単身者だけでなくファミリー層向けにも賃貸物件が充実していることが分かります。
ぜひ、この結果を参考としてください。

top